LOVEのバナー
人気・実績No1
料金システム:登録無料

普段の生活では出会いがなく、思い切って登録してみました。女の子っぽい外見とは違って、中身は頼りがいがあると思います。でも、ときには誰かに頼りたいときもある~。ひとりの時間を過ごすことにも悲しいことに慣れてきましたが、やっぱり一緒に過ごしていけるパートナーが欲しいです。

詳細はこちら
VIXYのバナー
人気・実績No1
料金システム:登録無料

仕事と家事に追われる毎日にひと時の"癒し”を求めてます。最近、主人が家を空ける事が多くて寂しいんです。心の淋しさを一緒に埋めて入ってくれる人を探してます。

詳細はこちら
愛カツのバナー
人気・実績No1
料金システム:登録無料

素敵な出会いを探してます。スザンヌに似てるっていわれます。顔だけでじゃないと思いますが、好きになるのに第一印象大事だと思います!!素敵な方からの連絡待ってます!!

詳細はこちら

セフレを作るならSNSでも掲示板でもなく、出会い系がマスト!


セックスフレンドを作るには、出会い系サイトを使うのがおすすめです。SNSや、掲示板経由で出会った、セックスしたという声も多く見られますが、実際には出会い系サイトを使ったほうが、セックスフレンドを作れる可能性は高いのです。

といいますのも、SNSや、掲示板を使って出会って、セックスしたという話の裏には、数え切れないほどの失敗例があるのです。たとえばナンパにしてみても、イケメンが声をかけたところで、百発百中とはいきません。その女性は出会いを求めていませんし、街中で声をかけてくる男がみんな体目当てであることを知っているからです。何十人にも声をかけて、ようやく一人ゲットできるかどうか。ナンパとはそういうものです。

SNSや掲示板を使った場合にも同じことが言えます。男が「会いたい」と言ってくれば、それは間違いなく体目当てであろうと女性らは考えます。そしてその時点で連絡を打ち切り、以後メールや電話の一切に無視を決め込むのです。SNSや掲示板を使っている女性らの大半が出会いを求めていないのですから、それは当然のことです。

なぜこれほどまでに、SNSや掲示板経由での出会い成功談が多いのかといえば、単純に彼らが失敗の回数を隠し、さも簡単に、初めの一回で女性と会ったかのように言うからです。考えてもみてください。いくらセックスフレンドを作ることができたといっても、何百人にもアタックしてようやく一人だったなんて結果は、話しても格好悪いと思われてしまうでしょう。それだから、自分がアタックした女性の総数を隠して、成功したことのみを話すのです。ために、ネットはセフレを作ったという成功談に溢れ、SNSや掲示板に「出会える場所」であるかのようなイメージが定着してしまったわけですね。

SNSや掲示板の実際的問題

SNSと掲示板には、女性を探すうえで、もっと大きな問題があります。まず、SNS。SNSは、たしかにシステムは出会い系サイトのそれとほぼ同じですが、あくまでSNSであり、出会い系サイトではないため、出会いを求める発言や、連絡先の交換等の行為は、すべて禁止されています。違反した場合には、一定期間サイトを利用停止になったり、強制退会を食らったりします。SNSにも数に限りがありますから、あまり派手なことをやっていると、どのサイトも使えなくなってしまう恐れがあります。

いい感じになってきた子に、デートを申し込んでも、その発言が運営に見咎められ、利用停止を食らい、結果その子と長期間連絡をとれず、デートの話が流れてしまう。そういうことも起こりうるわけです。これをまったく意に介さずにSNSで女の子を探している人というのは、よほどセックスに執心しているか、よほど遠まわしな言い方で相手にデートを申し込んでいるかのどちらかでしょう。いちいち運営に横槍を入れられてしまうのですから、SNSでセックスフレンドを探すのは、非効率的であると言わざるをえません。

またネット掲示板にしても、ナンパと同じように向こうは出会いを求めていないので、取り合ってくれる可能性は低く、アドレスや電話番号をネット上に晒すと、悪戯の対象にされてしまうかもしれないので、あまりうまいやり方とはいえません。

出会い系サイトなら

しかし、出会い系サイトなら、利用停止や悪戯を恐れることなく、堂々と、効率的に出会いを探していくことが可能です。そこに登録している女性らは、みんな出会いを求めています。恋人が欲しくて登録したという人もいますが、セックスフレンドが欲しかったという人もいるのです。

女の子を探すときには、プロフィール検索と、掲示板とを活用します。プロフィール検索は、あなたの好みに合致する女性をピックアップできるという機能です。写真や車の有無、フリーワード、エッチ度、住んでいる地域などで検索が可能で、あなた好みの女性を見つけられる可能性は高いでしょう。

もうひとつ、掲示板は、書き込んだり、書き込みに返信したりして、女性にコンタクトを試みます。でも男性が書き込みをしても、メールの来る可能性はかなり低いので、掲示板を使う際は、男性は返信に徹することとなるでしょう。女性らが提示する条件や、待ち合わせの日時、写真等から考慮して、あなたが一番会いたいと思った人にメールを送るのです。

出会い系サイトの欠点は、有料であることですが、3000円もあればかなり遊べますし、出会いの成功率はSNSや掲示板の比ではありません。すぐ近所、あるいはその街のどこかに住む女性で、「今、出会いを求めている人」と知り合うことができるのですから、出会い系サイトが出会いにおいて最も優れていることは明らかでしょう。

とはいえ、出会い系サイトに登録したからといって、出会いやセックスフレンドのできることが確約されたわけではありません。やはりここでも、何人もの女性にアタックしなければならないのです。これほど出会いに特化した場所であっても、男が何度も振られることは、決定付けられているといってもよいのです。それはSNSや掲示板経由の出会いが難しいことを同時に証明しておりますが、やはり、セフレを作るとなれば、日に何度もログインするだったり、写真をなるべく上手に撮るだったり、振られてもめげずにたくさんの女の子にメールを送ったり、登録したばかりの新人をチェックしたりといった努力は必要不可欠なのです。

いわば出会い系サイトは、ナンパを効率化したようなもので、手軽さや、出会える確率は大いに向上しましたが、それでも、何人もの女性にぶつかっていかなければならないという基本的なところは、何も変わっていません。根気強く活動を続けていける人にこそ、セックスフレンドができるという点では、出会い系サイトも、ナンパも、SNSも、掲示板も同じなんですね。

面倒くさがりであれば、時間とお金を無駄にするだけですから、諦めたほうがよいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ